簡単な講義ビデオをつくってみる

ZoomとPowerPointを使って,ひとりで講義収録をする場合を想定しています

(1) Zoomにサインインしてミーティングを開始してください

(2) スピーカーとマイクが正常に動いているかチェックしてください

(3) PowerPointを立ち上げて画面共有をしてみる

レコーディングしてみる

(A) 講義の準備ができたら「レコーディング」を押して講義を初めてみましょう

(B) いつものように(?)挨拶をしてから画面を共有してみてください

PowerPointが全画面プレゼンテーションになっている場合はこのような表示になります.

メインメニューは画面上部に,講師映像は右上にあります.

(C) メインメニューの赤字で書かれている「共有の停止」を押してカメラ映像に戻し,画面下の「録画を停止」をクリックしてください.画面左上の「レコーディング」の停止ボタンでもOKです.

(D) 最後に画面右下の「ミーティングの終了」を押し「全員に対してミーティングを終了」を押すと動画データのコンバートが始まります

(E) コンバートが終了すると,作成された動画ファイルを含むフォルダが開きます.

動画ファイルの保存場所は,zoomアプリのzoom.usメニュー>「設定」 > レコーディング で確認できます

レコーディングの保存場所

できあがった動画ファイルを確認してください.声はちゃんと入っていましたか??

録画中に共有された画面のとなりにビデオを移動してください」というところにチェックが入っていると,上の画面のようにホストのビデオ映像(私の顔)がスライド横の右上に配置されます.これをチェックしていない場合は,ビデオ映像がスライドの右上に重なります.

ホストのビデオ映像を出したくない場合は,画面共有中に「ビデオの停止」をクリックします.

zoomの「画面の共有」と「レコーディング」でプレゼンビデオを作る

トリミングの手間を省くために詳細メニューを使ったバージョンです

画面の共有を始めると「レコーディング」ボタンが見えなくなりますが,「詳細」メニューの中に「レコーディング」というメニューがあります.

「詳細メニュー」の一番下に「ミーティングの終了」があるので,プレゼンテーションが終わったら,このメニューで終了する方が早いですね!気が付きませんでした〜〜20200314記

レコーディング → 画面の共有 → プレゼンテーションのスタート

という手順の場合,ビデオの頭の部分に無駄な映像が入ってしまいます.

アプリを使ったり,YouTubeにアップロードしてから動画エディタでトリミングすれば済むことですが,これも手間なので「詳細メニュー」バージョンを作りました!!

ビデオのトリミング(前後の不要な部分を削除する)作業は,MacでもWindowsでも標準アプリでできます.

--> Windows 10 の「フォト」を使い、動画をトリミングする

--> QuickTime Player を使う方法