オンラインでグループワーク(ブレイクアウトルーム)

Zoomのブレイクアウトルーム機能を使うと,参加者をグループに分けてディスカッションができます.

Zoom紹介ビデオの中のブレイクアウトルームに関する部分
メニューバー録画ボタン
主宰者のメニューバー

メインメニューのブレイクアウトルームをクリックすると,設定画面が開きます

参加者の割り振りは「自動」にしてグループ設定しました.

左下の「オプション」はデフォルトではこんな設定になっています.

全参加者を自動で分科会室に移動」にチェックを入れておきましょう.チェックを入れないと,次のような流れになります:

「すべてのルームを開ける」と参加者にメッセージが届きます

これを放置したり,後でを選んだりすると,ホスト側には「未参加」と表示されます

全員が参加しているとこのようになります

全員参加しています

「すべてのルームを閉じる」を押すと参加者に次のメッセージが届きます

ホスト側はこのようになります

ブレイクアウトルームのメンバー設定は?

ブレイクアウトのチームはランダムで決めることもできるし,手動で決めたり,決めた後で入れ替えることもできます.

再作成を押せばメンバーをシャッフルできます

ブレイクアウトルーム進行中,ホストは各部屋に参加することができます

ブレイクアウトルームを途中で抜けることできる?

メンバーは一時的にブレイクアウトルームを抜けてメインセッションに戻ることもできます.(先生に質問がある時などいいかもしれないですね)

メインセッションに戻った後も,再びブレイクアウトセッションに復帰することもできます

メインセッションに戻るつもりが会議を退出してしまったという場合は,もう一度ミーティングに参加すればブレイクアウトルームにも復帰できます.

遅れてきた人,途中で抜けた人は?

後から参加した人,途中でミーティングを抜けて戻ってきた人は「未割り当て」に入るので,ホストがどこかのブレイクアウトルームに割り当てます.

–> ブレイクアウトルームセッションを試してわかったこと(3/25)