Kahootの準備

問題作成画面

画面右上の「Create」をクリックすると,テンプレートが表示されます

New Kahootを選択すると問題作成画面になります

Time limit を押すと次のパターンで解答時間の設定ができます

10秒程度の早押しクイズはかなり盛り上がりますよ

Add Questionを押すと問題パターンが表示されます

Questionのパターンはこの4つ

Open-endedでは正解パターンを追加できます

Quizの前後にスライドを追加して解説を入れることができます

Add questionで問題をひとつずつ追加してひとつの「Kahoot」を作ります.

問題数に制限はありませんが,問題が多すぎると先生も学生も途中で嫌になりますね!

左上のSettingsの画面はこのような感じです

Visibilityは,このQuizの公開範囲を設定する項目です

  • Only you は「非公開」:学生に出題することはできます
  • Everyoneは「公開」:Kahootサーバー上で検索できる=他の人もコピーして使える
  • Unlistedは「限定公開」:他のユーザーと問題をシェアできるが,検索してもでてこない

Lobby videoは,Quiz開始前にバックグラウンドで流れるビデオです.

教室で,全員が名前を入れて回答準備ができるまでの待ち時間を使って見るビデオです

–> Kahootでビデオを活用してみる

–> Kahootのゲームを始める

–> Kahootアプリの操作手順(学生向け)